米をとぐ

といだ米がなくなったきん

とぎに行ってきたよ。

普通に生活しよったら

米をとぐ!って

あんまり経験せんかなと思たきん

紹介するな。

まず米袋!

中に玄米?(皮がついたままのやつ)が入っとって

なかなかに重いで。

こんな米俵ってやつは

実際には触ったことないけどな。

藁を袋にして米保管するって

すごいエコな形態やなって思うよ。

僕も観音寺に帰ってくるまでは

自分で米とぎに行ったことなかったきん

初めはドキドキしながらといだよ。

米とぎの無人くんがあって

この1畳ぐらいのスペースの中で

作業が行われるで。

夏真っ盛りには締め切って中に居ったら

息苦しいぐらい暑いけど

すずめが残った米食べにきて

フンするから

開けっぱなしにせん方がええみたいでな。

中の様子は

玄米を移して

1袋の量だったら300円入れて

白米のスイッチ押したら

自動的にこんな具合に

といだ米が出てくるって仕組み。

これを

また袋に入れ直して終了!

近所のたんぼは

こんな状態。

僕が小学校ぐらいの時は

学校の通行路に

いっぱいたんぼがあって

季節ごとにいろいろ発見があったんやけどな。

水はっとる時が一番おもしろて

なかでも

天然記念物のカブトガニの

ちっちゃいような

カブトエビってのが居ってな

学校帰りによう見いっとったよ。

今時の子供らって

見たことあるんかな?

とんぼやザリガニやめだかや

って

普通に見て触れよったんやけど

最近は探して探して

やっと見つけれるって感じやもんな。

特に子供の時には

自然と触れ合う機会を持った方が

ええ!って思うから

僕のまわりの子供たちには

できるだけそういった所に

連れて行ってやりたいと思っとります。

ほなまたな。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中